「Common Data Serviceを使って出社率を管理するスマホアプリをつくる」(三島正裕のマイナビニュース連載コラム)

2020年07月10日

マイナビニュース好評連載!DSol三島正裕の「働き方改革に効く!ゼロからはじめるPowerApps」最新号が公開されました。興味がある方はご覧ください。

 

新型コロナ対策に伴う非常事態宣言の解除を受け、出社率を段階的に上げている企業も多いですよね。こうした中で課題となってくるのが、出社率をいかにしてコントロールするかです。そこで今回は、出社率を管理するスマホアプリの作り方を紹介します。

出社率をコントロールする方法としては、出社を希望する社員に予定を提出してもらい、定めた出社率を超えないように会社が出社人数を抑制したり、シフトを決めて計画的に出社をしてもらったりすることが考えられます。

 

今回は出社希望日を提出してもらう方法でアプリを作成します。出社率はExcelシートを使って集計をすればコントロールできそうですが、人数が多かったり、情報が頻繁に更新されたりするほど運用は難しくなります。最近では出社率が管理出来るアプリも数多く利用されていますが、Microsoft 365を活用すればアプリを自社流にカスタマイズして柔軟に運用することも可能なので、ぜひ試してみて下さい。

 

(この続きは以下をご覧ください)

https://www.si-jirei.jp/?p=17419/

    • メーカー一覧
    • 採用バナー
    • event
    • 画像名5