「Common Data Serviceは如何でしょう?そろそろリストも限界ではないですか?」三島正裕のOffice365コラム

2018年12月26日

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラム9回目ということで、今回はOffice365のCommon Data Serviceについて少し触れてみたいと思います。
皆さんはOffice365で業務アプリケーションを作成するとき、データソースは何を使われますか?方法は色々とありますよね。比較的簡単な方法をあげると、OneDriveやExcelがあります。Excelはテーブル化すれば簡単なデータベースとして利用出来ますし、メディアコンテンツ(画像や動画)をOneDriveに置けば、これらを組み合わせたアプリケーションを作成することも出来ます。SharePoint Onlineを使う方法もありますよね。最近ではリストを作成すると、ボタン1つでPowerAppsアプリケーションを作成することも出来ます。Dynamics365やSalesforceをお使いであれば、これらをそのままデータソースとして利用されることもあるとか思います。Office365にはたくさんのコネクタが用意されていて、ありとあらゆるデータに接続してアプリケーションを開発することが出来ますが、仕様の段階で気を付けなくてはならないことがあります。それがデータソースのレコード件数です。一般的にデータベースに接続されているアプリケーションは、処理の度に全レコードをアプリケーション側とやり取りしているわけではなく、一部のデータのみをやり取りしています。

■続きはこちら↓

「Common Data Serviceは如何でしょう?そろそろリストも限界ではないですか?」三島正裕のOffice365コラム

 

    • メーカー一覧
    • 採用バナー
    • event
    • 画像名5