三島正裕のOffice365コラム「Power Platformのライセンスについて」

2019年05月23日

先日東京ビッグサイトにて開催されましたJapan IT Week春 後期にて、マイクロソフト様のパートナーブースでPower Platformアプリの出展をさせて頂きました。当日講演させて頂きましたシアターセッションにもたくさんの方々にご視聴頂いたようで大変嬉しく思います。当日足を運んで頂いた皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。

さて今回のコラムについてですが、 IT Weekでも多くのご質問を頂きましたPower Platformのライセンスについて少しお話をしてみたいと思います。最初にPower Platformについて簡単に説明をしますと、これは、Office365に含まれる4つの製品を含んだカテゴリのことを指しています。4つの製品とは、クラウド上でアプリ開発が可能なPowerApps、ワークフローが作成出来るMicrosoft Flow、クラウド型データベースのCommon Data Service、データの可視化、洞察が可能なPower BIです。そのため、Power Platformを使用するには、これらの製品が利用出来るOffice365ライセンスが必要となります。

■続きはこちら↓
三島正裕のOffice365コラム第13回「Power Platformのライセンスについて」

    • メーカー一覧
    • 採用バナー
    • event
    • 画像名5