NetAppストレージ

高信頼性、高機能ネットワークストレージ

NetAppストレージとは、

NetApp社のストレージは高機能、高信頼性、シンプルな管理機能を実現しており、顧客のTCO削減に役立ちます。
特にエントリーモデルのNetApp FAS2500シリーズは、『信頼性』『運用面』『拡張性』の他、『コスト』にも優れ、すべて要素に対する解決策を持っています

<問い合わせ先>

総務部営業推進課 TEL:03-6429-6062 MAIL:d-market@pc-daiwabo.co.jp
10:00~17:00(当社指定休日除く)

特徴(他社との違い)

他社エントリークラスのNASやサーバとの大きな違い
①ファイルサーバ用途としての『信頼性』『機能』『拡張性』
②簡便なバックアップとBCP対策としての『運用性』
③ファイルサーバとして導入後、仮想化共有ストレージとして兼用可能

機能(高機能・高性能を実現する技術)

① 独自RAIDシステム(RAID-DP)

  • NetApp独自のRAID-DP(Double Parity)システムにより、ディスク2本の同時障害に耐えることが可能
  • 従来のRAID6の欠点であったパリティ2重書きによるパフォーマンス低下を抑えることが可能

② AutoSupport(ステータスログ・障害通知機能)

  • NetAppOSに標準で搭載される障害通知機能
  • 障害発生時にSMTPメール、またはhttpsを使って、NetApp社や登録された保守パートナーに自動通知を行う。
  • デフォルトでは週1度(日曜日の0時)システム稼働状況を発信しており、同じエラーが頻発している場合には、事前の状態把握と交換対応が可能となる。

③ 独自ファイルシステム(WAFL)+④ NVRAM

  • 信頼性と高速性を実現する独自OSと高性能ファイルシステムを搭載
    これにより、比較的I/O性能の低いSATAディスクでも高い性能を出すことが可能
  • データ更新時に一貫したファイルシステムイメージを常に生成。すべてのトランザクションはDiskへ直接書き込まれるのでは無く、一旦NVRAM(バッテリ保護されたメモリ)上に保持されます。メモリへの書き込み速度は非常に高速であるため、快適なレスポンスが提供される。

  • 独自専用OSの為、NAS側で不正なコマンド実行をされるリスクが低いことも利点
    (Windowsのように定常的なセキュリティパッチ対応を最小化できる。)

⑤ 重複排除機能

  • 無償で利用できる重複排除機能
  • システムのオーバーヘッドを抑えながら、ブロック単位で効率的なディスクスペースの活用を実現。
    ボリューム単位でスケジュール実行することが可能。

⑥ データ圧縮機能

  • 無償で利用できるデータ圧縮機能
  • メモリ上で32KB単位(4KBx8)の “Compression Groups” に分割、個別に 圧縮された後、ディスクに格納される
  • 実行形態は、Inline と Post Process の2形態
  • 重複排除 との同時適用が可能

⑦ 低負荷Snapshot

  • オンラインでバックアップイメージを取得する機能
  • 誤ってファイルを上書きしてしまったり、データファイルが壊れてしまった際、コピー&ペーストで簡単にファイルのリカバリが可能。
  • NetAppのスナップショットはスペース効率に優れ、書き込み性能の劣化もなく、多頻度でのバックアップ取得が可能。(Point in Time方式)

⑧ 簡便なレプリケーション機能(有償オプション)

  • NetAppストレージ間でデータを効率的にミラーリングする機能
    従来のソフトウェアやストレージのレプリケーション機能と比較し、簡単で低コスト
  • DRサイト側にローエンドモデル(シングルコントローラ/SATAディスク)構成が可能
  • 4KB単位の差分ブロック転送、帯域制御、データ転送時の圧縮などにより狭帯域のWANでもDRの実現が可能

⑨ 仮想ボリューム機能による容易な拡張性

  • ボリューム領域の拡張・縮小をオンラインで簡単に実現可能
  • シンプルかつ効率的な容量管理を提供し、無駄な投資を抑制
  • ボリュームのサイズに依存しない、高いIO性能を提供

ラインナップ

<問い合わせ先>

総務部営業推進課 TEL:03-6429-6062 MAIL:d-market@pc-daiwabo.co.jp
10:00~17:00(当社指定休日除く)

  • メーカー一覧
  • 採用バナー
  • event
  • 画像名5