• ホーム
  • ソリューション・プロダクト一覧
  • 絞り込み結果画面

絞り込み結果画面

ソリューション・プロダクト

Cisco AnyConnect × Passlogic連携ソリューション

セキュアなリモートアクセス環境実現でスマートデバイスの有効活用を!

SecureDoc

HDD暗号化ソフトウェア

AirWatch

クラウドによる統合型モバイル管理ソリューション

セミナー・展示会

導入事例

コラム・メール配信記事

「Common Data Serviceは如何でしょう?そろそろリストも限界ではないですか?」三島正裕のOffice365コラム

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラム9回目ということで、今回はOffice365のCommon Data Serviceについて少し触れてみたいと思います。
皆さんはOffice365で業務アプリケーションを作成するとき、データソースは何を使われますか?方法は色々とありますよね。比較的簡単な方法をあげると、OneDriveやExcelがあります。Excelはテーブル化すれば簡単なデータベースとして利用出来ますし、メディアコンテンツ(画像や動画)をOneDriveに置けば、これらを組み合わせたアプリケーションを作成することも出来ます。SharePoint Onlineを使う方法もありますよね。最近ではリストを作成すると、ボタン1つでPowerAppsアプリケーションを作成することも出来ます。Dynamics365やSalesforceをお使いであれば、これらをそのままデータソースとして利用されることもあるとか思います。
Office365にはたくさんのコネクタが用意されていて、ありとあらゆるデータに接続してアプリケーションを開発することが出来ますが、仕様の段階で気を付けなくてはならないことがあります。それがデータソースのレコード件数です。一般的にデータベースに接続されているアプリケーションは、処理の度に全レコードをアプリケーション側とやり取りしているわけではなく、一部のデータのみをやり取りしています。アプリケーション側からの命令で、データベース側は対象レコードを絞り込み、集計した結果や対象レコードの情報のみをアプリケーション側に返します。これは、アプリケーション本体や、メモリ、ネットワークの負荷を軽減する目的で行われます。Office365のアプリケーション開発ツールPowerAppsは、モバイルで利用されるケースも想定されています。そのため、PowerAppsでは大量のデータ通信を行わないよう、レコード件数も初期設定で500件、最大で2000件迄と制限されています。最も古いデータから500~2000件までのデータのみが処理の対象となりますので、制限を超えているデータは、古いデータが削除されない限り処理の対象とはなりません。

~2018年にヒットしたコラムの意外な共通点とは?~「5分で分かる橋川ミチノリの業務改善」コラム第25回

早いもので2018年も残すところあと僅かとなりました。今年ヒットしたコラムを振り返ってみますと「Cisco ISE (シスコ・アイス)」コラムが断トツで、公開から半年以上経過していますが、未だに当SI事例サイト内でトップ10入りしているビッグヒットとなっています。その理由として、日本社会全体が労働人口の減少に伴う「ワークスタイルの変革」を求めている兆候が出始めているのではないかと考えます。その他のヒットコラムにもこの点は共通しておりまして、「Cisco Security Connector(CSC)」はモバイル端末のセキュリティ対策、「Cisco SD-WAN」は柔軟なWANネットワークの運用です。IT激動の時代とも言える平成時代は、30年かけてこの「ワークスタイルの変革」という新たなステージに辿り着いた時代と言えるのではないでしょうか?そして同時に「シスコ2018年次サイバーセキュリティレポート」コラムで書いように「セキュリティ脅威の複雑化」という過酷なステージにも辿り着いてしまった時代でもあります。来年はこの「ワークスタイルの変革」と「セキュリティ脅威の複雑化」の相反するファクターが加速度的に増加する年になると思います。2019年のIT戦略を考える参考として最後までお読みいただければ幸いです。

三島正裕のOffice365コラム「PowerAppsで画像認識!?スマートフォンを活用した働き方改革」

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラムということで、今回はスマートフォンのカメラや画像認識AIを使ったアプリについてお話をさせて頂きたいと思います。ビジネスの場でも利用される機会が増えてきたスマートフォンのカメラですが、Office365でもPowerAppsを使えばカメラと連携したアプリを作成することが出来ます。作業前後の記録や資料の撮影、状況報告や調査記録など、カメラをビジネスで利用するシーンは沢山あるのですが、便利な反面、意外と苦労させられるのが写真の管理ではないでしょうか。
ビジネスで利用する写真には、誰が、いつ、何の目的で撮影したのか、その写真に関する情報もセットで管理をする必要があります。これを手作業で行うのは、枚数が多くなればなるほど大変な作業となります。ですが、写真も情報も撮影した瞬間に同じ場所に保存され、しかも整理まで行ってくれるアプリがあればどうでしょう?便利になると思いませんか?こうした写真を管理する市販のアプリやサービスは、調べてみると沢山出てくるのですが、簡単なものであればOffice365を使えば意外にもあっさりと作れてしまいます。今回はPowerAppsとExcelを使った簡単な写真管理アプリの作り方を紹介させて頂きます。

  • メーカー一覧
  • 採用バナー
  • event
  • 画像名5