• ホーム
  • ソリューション・プロダクト一覧
  • 絞り込み結果画面

絞り込み結果画面

ソリューション・プロダクト

AgileWorks

人事異動や組織移管に強く、高い拡張性を持つワークフローシステム

Performance Insight

Oracleデータベース運用管理ツール

X-point

ワークフロー市場シェアNo.1

Create!Form

帳票設計開発・出力運用のベストソリューション

Create!Webフロー

紙による申請/決裁業務を忠実に再現したドキュメントワークフロー

MajorFlow

得意分野の広さが売りのワークフローシステム

セミナー・展示会

コラム・メール配信記事

「Common Data Serviceは如何でしょう?そろそろリストも限界ではないですか?」三島正裕のOffice365コラム

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラム9回目ということで、今回はOffice365のCommon Data Serviceについて少し触れてみたいと思います。
皆さんはOffice365で業務アプリケーションを作成するとき、データソースは何を使われますか?方法は色々とありますよね。比較的簡単な方法をあげると、OneDriveやExcelがあります。Excelはテーブル化すれば簡単なデータベースとして利用出来ますし、メディアコンテンツ(画像や動画)をOneDriveに置けば、これらを組み合わせたアプリケーションを作成することも出来ます。SharePoint Onlineを使う方法もありますよね。最近ではリストを作成すると、ボタン1つでPowerAppsアプリケーションを作成することも出来ます。Dynamics365やSalesforceをお使いであれば、これらをそのままデータソースとして利用されることもあるとか思います。
Office365にはたくさんのコネクタが用意されていて、ありとあらゆるデータに接続してアプリケーションを開発することが出来ますが、仕様の段階で気を付けなくてはならないことがあります。それがデータソースのレコード件数です。一般的にデータベースに接続されているアプリケーションは、処理の度に全レコードをアプリケーション側とやり取りしているわけではなく、一部のデータのみをやり取りしています。アプリケーション側からの命令で、データベース側は対象レコードを絞り込み、集計した結果や対象レコードの情報のみをアプリケーション側に返します。これは、アプリケーション本体や、メモリ、ネットワークの負荷を軽減する目的で行われます。Office365のアプリケーション開発ツールPowerAppsは、モバイルで利用されるケースも想定されています。そのため、PowerAppsでは大量のデータ通信を行わないよう、レコード件数も初期設定で500件、最大で2000件迄と制限されています。最も古いデータから500~2000件までのデータのみが処理の対象となりますので、制限を超えているデータは、古いデータが削除されない限り処理の対象とはなりません。

  • メーカー一覧
  • 採用バナー
  • event
  • 画像名5